風俗の面接前の準備

風俗店で働くということ

風俗店で働くこと

あなたが風俗で働くとしたら世間のイメージは水商売ということでなかなかいいイメージを持ってくれない人が多くいるのかもしれません。
自分にとっては人を癒す仕事であっても、他の人たちから植え付けられているイメージでは男を虜にして貢がせてもらっているようなイメージの方が大きいかもしれません。
この第三者から見られるようなイメージに耐えながらも風俗をしていくような覚悟をあなたはしっかりと持っていますか。
働く覚悟を持つということは相手から何とも言われようと、自分がこの仕事をしているという事実を受け入れるということなのです。
あなたがこの覚悟をしっかりと持っているというのならば、風俗で働いても何も問題はありません。

風俗店での立ち回り方

風俗店で働くとしても、それはサービス業であり、水商売なのですが、お客様に対して優しく会話をしたり、聞き上手になったりしなければなりません。
それはお店の中だけであり、実際に働いていない時間帯では性格が大きく違うこともあるかもしれません。
このようなギャップによって自分の性格が大きく変わってしまい、疲れてしまうこともあるかもしれません。
元々の本来の自分の性格を押し殺してお客様を癒すというような仕事にもなってしまうのかもしれません。
そう感じてしまうようになっていたら、あなたの心の中にもストレスが溜まってしまい、体に影響が大きく出てしまいます。
そうならないように、できるだけお客様と話をするときにでもたまに自分の素を出して会話を盛り上げるといいかもしれません。