風俗の面接前の準備

風俗店で働くことは

人を癒すための仕事

風俗店ではどのようなお客様が来るのが多いのか想像してみたことはありませんか。
サラリーマンや仕事終えた人たちがここに訪れるのが多いのです。
その人たちは何を求めてここにたどり着くのでしょうか。
それを提供するのが風俗での仕事であり、その人たちに心を癒すための仕事となっているのです。
しかし人の心を癒す仕事でも、その人の心を知った上で癒すということはかなり難しいものなのです。
自分がその人の生い立ちを重ねられて、共感できるような部分があれば少しは気持ちがわかるのかもしれませんが、完全に理解してからの癒しを与えることはできません。
ではどのように癒して、相手に満足してもらえるのでしょうか。
それは次の記事に続きます。

自分での性格をさらけ出すこと

風俗でお客様と話をすることがメインであり、どんな酒をたくさん一緒に飲んでいたとしても、お酒だけで心が満たされることはあまりありません。
お店にやってくるお客様は、誰かに辛い出来事や悲しみから解放されたいがために、人とお話をしていたいものなのです。
その聞き役となれる風俗嬢たちが、お客様をおもてなしして、心の中のストレスを解放してくれるようにサービスをしてくれるのです。
その話し相手になれるような、相手が好きそうな話題、答え方、それらに気をつけなければなりません。
少しでも間違った対応をしてしまうと相手が傷ついてしまい、寄り付かなくなってしまいます。
人を癒す仕事とはいえ、相手の心に傷をつけないような対応を学んでいかなくてはなりません。